大曽根の家

HOUSE IN OOSONE2014

交通量の多い幹線道路沿いに建つ二世帯住宅です。
採光条件をクリアする上で幹線道路側に開口を設けるのがセオリーですが、幹線道路からの騒音や車からの視線といったネガティブな環境も同時に受け取ってしまいます。そこでL字形状の3層吹抜けのライトコートを設ける構成とし、幹線道路の騒音や喧騒から緩やかに住空間を離しています。またその入角を曲面とすることで、構造火打材や縦樋を隠しつつ写真スタジオのような反射効果によって3層に及び安定した天空光を届ける計画としています。

各世帯の生活時間の違いからプランを明確に分けた計画とする中で
ライトコートの環境(光や風、雨)は共有して生活する構成になっています。
ご近所より近く、同居生活より遠い、ちょうどいい距離感のある住環境ができたのではないかと思っています。

建築概要

計画地 :神奈川県横浜市
計画内容:新築
建築面積:53.96 ㎡ /16.32 坪
延床面積:122.36 ㎡ /37.01 坪
用途  :2 世帯住宅
構造設計:ジムネ構造空間研究所
施工  :栄港建設
写真  :鳥村鋼一

受賞・掲載等:
新建築社「住宅特集」 2014年11月号 掲載
日本テレビ 「スッキリ!! 」 2014年11月 放映

MORE WORKS